×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノルバスク錠5mg

ノルバスクの効果と副作用

ノルバスクについて

矢印 薬に頼らない高血圧改善法はこちら

 

ファイザー製薬から販売されている薬に、ノルバスクがあります。主成分はアムロジピンベシル酸塩で、白色の錠剤です。ノルバスクの効果は、細胞内へのカルシウムの流失を減らします。それにより、血圧を下げる効果があります。また、心臓への負担を減少し、狭心症の発作を起きにくくする効果があります。

 

ノルバスクの副作用には、どのようなものがあるでしょうか。熱感、顔面紅潮などのほてり、めまい、頭痛、動機、むくみ、発疹、かゆみなどがあります。他にもじんましん、血管炎、血管浮腫によるまぶたや唇口腔の腫れ、呼吸困難などもあります。全身のけだるさ、食欲がなくなる、のどの痛み、発熱、出血しやすく止まりにくいなどの症状も報告されています。これらは副作用の一部です。ノルバスクの服用時に注意する点は何でしょうか。なんといっても、第一に医師の指示を守ることです。また、グレープフルーツジュースと服用すると、効果が強くなり危険なこともあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ